• お問い合わせ電話:070-6440-9942
  • お問い合わせメール

2013年度 過去のプログラム

2013年11月25日(月)、26日(火) レポート

開催概要

実施日時 2013年11月25日(月) 3校時~6校時 A組,B組
2013年11月26日(火) 3校時~6校時 C組,D組
開催場所 江戸川区立南葛西中学校
対象生徒 江戸川区立南葛西中学校 第1学年 総計152名
実施内容 1クラス2時間連続で行う。
【1時間目】光学顕微鏡による,東京湾海水プランクトンの観察
【2時間目】東京湾の生態系(葛西臨海たんけん隊 石丸隆による講義)
講師・スタッフ 石丸隆(一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム理事・東京海洋大学名誉教授) 
宮嶋隆行(一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム理事・事務局長)
インターン:
浅井龍矢、金崎絢子、脇坂綾
南葛西中学校理科教員(中里先生,安本先生)、大友照典校長、水谷智子副校長
主 催 一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム
特別協賛 株式会社ロッテ
助 成 日本財団

本プログラムの正課上の位置づけ(目標・成果)

教科:理科(中学1年)
単元:身近な生物を観察しよう

目的

①東京湾に近いという葛西地区特色の地域教材を取り上げることにより、身近な自然に対する関心を高める。また、生徒の環境保全に対する意識を高める。
②大学でのワークショップ等への参加を促し、将来の進路につなげる。

単元の目標(学習指導要領より)

校庭や学校周辺の生物の観察を行い、生物に対する興味・関心を高め、いろいろな生物がさまざまな場所で生活していることを見いだす。また、観察を通して、観察器具の操作、観察記録のしかたなどの技能を身につけ、生物の調べ方の基礎を習得する。さらに、観察記録をもとにしたレポート作成や発表を行わせ、思考力、表現力を育成する。

本活動を通してのねらいと期待される成果

本活動では、東京湾に近いという葛西地区特色の地域教材を取り上げることにより、身近な自然に対する関心を高める。
1年の植物単元の中の「藻類のなかま」の学習を終えたこの時期に指導することにより、既習内容を本活動における観察や講義に生徒が生かすことができる。
また、教科書では参考程度で触れている海洋プランクトンについては、実際に生徒が主体的に観察を通して学ぶことができる。そして、身近な自然を知ることで、生徒の環境保全に対する意識を高めることが期待できる。加えて、発展的な学習を希望する生徒に対しては、科学教育センターでの活動を通じた大学でのワークショップへの参加を促し、将来の進路につなげていきたい。

はじめに

一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム理事である宮嶋隆行より、葛西臨海たんけん隊の活動概要と今回の開催主旨(※)、協賛企業である株式会社ロッテならびに助成団体である日本財団の紹介を行いました。

※本来葛西臨海公園を舞台として行われてきた参加体験型プログラムである葛西臨海たんけん隊は、今後は地域の学校などに対して積極的に出張事業を行い、海の素晴らしさや海に対する知見を広めていくことを考えていることなど。

【1時間目】光学顕微鏡による東京湾海水プランクトンの観察

【2時間目】「東京湾の生態系とプランクトン」(講義)

保護者あての「学校便り」でのレポート

2013年10号(12月20日発行)

2013年度 過去のプログラムへ

このトップページのトップへ